検索ボックス

Author

  • 名前:たかひろ
  • 性別:男
  • 年齢:33歳

都内でIT系のエンジニアをしています。仕事が忙しく平日は家に帰って寝るだけが精一杯です。その分休日はジムに通ったり友人に会ったりリフレッシュして過ごしています。最近男の料理にはまっています。

悩み解消ツール

もしかしたら、性病かな?と思ったり、かゆみや違和感があると感じたら、その可能性は否定できません。

症状がそれぞれ異なり、発症までの潜伏期間なども含め個人差が大きい事から、病院に行くまでもないと考えてしまう方も少なくありません。

また面倒くさい、忙しい、都合が悪いなどの理由から、そのまま放置する事で悪化したり、感染を広める原因と考えられます。
そんな人には、自宅で郵送診断が出来る、性病検査キットを活用ください。

誰にも知られず悩みを解消できるツールとして近年、注目を集めております。

中でも、安全面や正確さにも定評のある、株式会社メディック衛生検査所です。

県知事登録第50号、プライバシーマーク取得、そして高度管理医療機器登録済みとなっております。

さらに、微量でも高感度の解析を可能とする、現在最も優れた検査法と言われているPCR法を導入しています。

検査をするのが恥ずかしい、怖い等、不安に思うなら、誰にも知られず自宅で出来る性病検査キットを試しては如何でしょうか。

同時に、性病の相互感染を防ぐ為にも、パートナーも検査をされる事を推奨します。

パートナーに性病の疑いがあるときにすべきこと

性病は身近な病気です。男女によって症状の現れ方も異なるので、お互いに必要なのは正しい知識を持つこと。もしパートナーに性病の疑いがあった場合、実は病院に行くより前に、いくつか実践できる対処法が存在します。

まずは検査してみましょう

女性においては、病気の種類によっては自覚症状が無いケースも多くみられます。そのため、男性だけに症状が現れることもしばしば。ネット上で「自己検査キット」も買えるので、男女問わず定期的に調べてみることをおススメします。

もし感染していたら?

相手に浮気の疑いがない場合、原因はあなたにある可能性が大です。自覚が無くても感染していることがあるという事実を常に意識し、パートナーと一緒に病院に行って調べてもらいましょう。自然治癒は期待できません。発覚した際は、必ず医師の指示に従ってください。

今後の予防策について

一度かかってしまった後は、お互いにしっかりと話し合う時間を作りましょう。完全に治るまで性交渉は避け、避妊具の使用や事前のシャワーなどを徹底することで十分に防ぐことができます。

性病にも多くの種類があり、それぞれ対処法は異なります。しかし、定期的な検査や予防策に関していえば、誰もが行える簡単なことばかりです。普段から心がけていれば、感染のリスクも低くなるでしょう。

更新情報

2015-09-28
悩み解消ツールの情報を更新しました。
2014-05-14
運営者情報の情報を更新しました。
2013-01-25
性病との違いを新規投稿しました。
2013-01-25
HPVの分類を新規投稿しました。
2013-01-25
ステップ②~⑤を新規投稿しました。
ページ上に戻る